ペイント練習用の「チャート隠し」ツール (カーソルキー版)

相場師朗先生の「株塾」で学んだ練習法の一つに、
チャート画面のハードコピー画像に、
売り買いのポイントや考察を書きこんで、
相場の流れをつかむ、という方法がある。

これを、野球やテニスなどの「素振り」練習のごとく、
毎日たくさん、習慣的にやることが推奨されている。

最初は、値動きの結果が見えている状態で、
つまり、カンニングしている状態で書き込んでいく。

ところがこのペイント練習は、
数をやっていくと、だんだんとマンネリ化して、
単純作業のように、手を抜いて行うようになりがちで、
これで脱落してしまう人も多い と想定される。

なので、ある程度分かってきたら、こんどは、
カンニングしなかった と仮定した想定で、
右の部分を一時的に隠して、本気で悩んで考えながら
こじつけて練習する、という練習を併用しながら、

だんだんとステップアップして実力をつけていくのが、
堅実なやりかただと思う。

ということで、
右の部分を一時的に隠して練習するのに、
私は、ちょっとしたツールを自作して使っている。

チャートギャラリーで建玉練習をする時のように、
キーボードの [右] カーソルキー で進めていきたい、
という こだわりがあるから、である。

ペイント練習用の「チャート隠し」ツール
ペイント練習用の「チャート隠し」ツール

以下のリンクをクリックすると、
ブラウザで1ページ開かれるので、
ペイント画面より前にこれを出して、
[右] カーソルキー でめくっていけばよい。

< ペイント練習用の、チャート隠しツール >
http://shunichi.hosono.com/chart-mask.html

このページは、普通の html ファイルなので、
ソースをコピーするか、ファイルに保存すれば
そのまま複製して、PCのハードディスクからでも起動できるし、
自分のPC環境に合わせて、内容を書き換えてもよい。

html の中に、以下の部分を貼り付ければ、動くと思う。
(Internet Explore か Edge で確認済み)

<script type="text/javascript">
<!--

window.focus();

Xsize = screen.width - 200
Ysize = screen.height

window.resizeTo( Xsize, Ysize ); // (左右 , 上下)
window.moveTo( 200, 0 ); // (左右 , 上下)

addEventListener("keydown", keydownfunc, false);

function keydownfunc( event ) {
var key_code = event.keyCode;

if( key_code === 37){ // 左に移動
window.moveBy( -5, 0); // (左右 , 上下)
window.resizeBy(+5, 0); // (左右 , 上下)
}
else if( key_code === 39){ // 右に移動
window.moveBy( 5, 0); // (左右 , 上下)
window.resizeBy(-5, 0); // (左右 , 上下)
}
}
// -->
</script>

「ペイント練習用の「チャート隠し」ツール (カーソルキー版)」への5件の返信

  1. 始めまして。
    相場先生の本に今年出会い、ドリルと最新の赤い本を
    隅からすみまで読み、塾に興味を持っています。

    一つお伺いしたいのですが、パソコン上でペイントを開き
    トレードの練習をするとのことですが、私は実際の株価の
    過去のチャートを開いて、右側の見えていないロウソク足を一本ずつ
    表示させながら、トレードシミュレーションをして
    結果を見る、ということをしているのですが、
    ペイントでするのにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

    ご教示いただけますと幸いです。

  2. 実際に、紙や画像に描き込んで見ることで、
    「上達に向けた練習」につながっていくものと
    私は理解していますが、それ以上の意味があります。

    これは、相場(あいば)先生の 公式サイトの中の、
    ここの動画が参考になるかと思います。
    https://aibashiro.jp/contents/ai00012/

    書籍の中では、知識やノウハウ は 万遍なく記載されていますが、
    有料「株塾」では、知識以前のもの 、たとえば練習の
    考え方 や 取り組み方 等 も学ぶことができます。

    私は、教材購入がきっかけで自動入塾しました。
    公式な案内ページは、こちらだと思います。
    https://aibashiro.jp/kabujuku/

  3. お返事をありがとうございます。

    私は1年間トレンドフォローを勉強してきました。
    その中に、過去のチャートを使って、たくさんの
    ケースでトレードの練習をしてチャートを見る目を
    養っていくというトレーニングがありました。

    実際のチャートに矢印やコメントを入れるのは
    うまくいかなかったりするので、一つのチャートを
    終了するとチャートを描画ソフトで切り取って、
    売買の記録や振り返りなどを入力して、印刷したり
    ファイルに残すという方法でやっています。

    また、自分のルール作りには検証は絶対必須という
    コンセプトもあり、苦労しながらも続けています。

    相場先生の塾に参加するには、まだ利益も出せずに
    いますので先になると思いますが、相場先生の本で
    チャートの見方を再確認したり、ラジオ日経で
    勉強させていただいています。

    ご縁がありましたら、お目にかかります。

    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


My Company Links

合資会社ユースマネージメント
ドメインサービス
ユースマネージモール umall.jp

My Website Links

細野俊一のトレーディング日記
大安心と大冒険を求めて
「生命の科学」学習メモ
細野俊一の雑記ブログ
インターネット活用の入り口

Facebook Pages

ポイント&フィギュア活用研究会
合資会社ユースマネージメント
ユースマネージモール
アダムスキー「生命の科学」活用研究会
細野俊一 (宇宙哲学研究家)