ペイント練習用のハードコピー画像を、左から徐々に表示するツール

相場師朗先生の「株塾」で学んだ、
チャートギャラリーの画面ハードコピーに
コメントを書き込んでいく練習を行う際に、

同じ画面を、「動くチャート」で見てみると、
全く違った白熱感で、流れを見る ことができる。

移動平均線が横這ったり、クロスしたり、集中した後に、
ローソク足のトレンドがどのように変化するのか? は、
動きを見ながら練習すると、新たな発見がある。

これは、例えば、
白熱した会議が終わった後の ホワイトボードを見た時と同じで、
会議に参加して、それが書かれた経過を見ていたのと、
会議に参加せずに、書かれた結果だけを見たのでは、
伝わる質・量に違いがあるのと、同じことだと思う。

移動平均線が一斉に上昇して、PPP(パンパカパン)になる様子は、
動くチャートで見ると、その迫力が、より伝わってくる。
勢いのある PPP(パンパカパン)で空売りを入れるのは恐い!
というのが、実感として体験しやすいと思う。

で、その「動くチャート」の実現法だけど、
チャートギャラリーを自動でめくる方法もいいけれども、
今まさにペイント練習を行おうとしている、
その画像を、直接動かした方が、臨場感がある。

右端が見えない状態で右から左へスライドさせる、
という方法もあるけど、今回のターゲットはあくまでも
ペイント練習の 予習 と 復習」なので、
それと同じように、左から右へ徐々に見えていくのがよいと思う。

準備作業

  • PCのデスクトップ画面に「ペイント練習」というフォルダを作成する

  • ツール(paint-slideview.html)をダウンロードし、「ペイント練習」フォルダへ保存する。

paint-slideview.html
>> 右クリックで「ファイル名を指定して保存」を選択

都度の作業

  • ペイント対象のハードコピー画像を「screenshot.png」という名前で「ペイント練習」フォルダへ保存する。
  • paint-slideview.html をダブルクリックして、起動。

  

カスタマイズ方法( htmlの知識が、多少必要です )

  • paint-slideview.html を、「メモ帳」等で開き、表示スピードとファイル名を変更できます。

ペイント練習用の「チャート隠し」ツール (カーソルキー版)、もどうぞ。
http://shunichi.hosono.com/?p=369

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


My Company Links

合資会社ユースマネージメント
ドメインサービス
インターネット活用の入り口

My Website Links

細野俊一のトレーディング日記
日経225+JPX400銘柄の PPP(パンパカパン) 一覧
「生命の科学」学習メモ
大安心と大冒険を求めて

Facebook Pages

ポイント&フィギュア活用研究会
合資会社ユースマネージメント
アダムスキー「生命の科学」活用研究会
細野俊一 (宇宙哲学研究家)