解決! Google Chart でローソク足を表示すると、途中でズレと切れる!事象

WEB画面上に、ローソク足と移動平均線の複合チャートを表示するために、
「Google Chart」を使ってみたら、実に簡単に、実現することができたが、
うまく動作しなかった。

ローソク足が10本、つまりグラフデータが10行以上になると、
途中で ズレ と 切れ、さらには、データの 抜け が発生して、
表示が崩れてしまうのである。

その後、「Google Chart」以外にも、良さそうなツールはあったけど、
相場師朗先生が使用している移動平均線の色パターン
(相場師朗 「相場の赤本」(宝島社)の p93、p139 に記載)
で表示させようとすると、なかなか難しかった。

そこで、1つずつ試行錯誤しながら調べてみたところ、
ローソク足10本以上で、正常に表示させることに成功した。

例)日経平均株価 2020年4月28日の日足チャート 50本

もしかすると、オプションのパラメータをどこかいじれば
解決するのかもしれないけれども、結局、

チャートの元データとなる、スプレッドシートの表データに、
一定間隔で(8行ずつ?)、ダミーデータ行を挿入することで、解決した。

 

それでも、ローソク足が80本くらいを過ぎると、
この8行ずつの法則ではうまくいかず、法則が変わってしまうので、
またどこかに、ダミーデータ行を、追加する必要があり、
まだまだ100点満点の解決策ではない。

今回のグラフは、ローソク足と移動平均線を組み合わせた
複合グラフ(ComboChart)なので、何かもっと、
特別な設定が必要なのかもしれないけれども、それはまだ分からない。

ローソク足80本以上の表示が必要になった時に、
あらためて、解決しようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


My Company Links

合資会社ユースマネージメント
ドメインサービス
インターネット活用の入り口

My Website Links

細野俊一のトレーディング日記
日経225+JPX400銘柄の PPP(パンパカパン) 一覧
「生命の科学」学習メモ
大安心と大冒険を求めて

Facebook Pages

ポイント&フィギュア活用研究会
合資会社ユースマネージメント
アダムスキー「生命の科学」活用研究会
細野俊一 (宇宙哲学研究家)