中国製の激安ミニPC「NUCBOX2」を、FXトレーディング練習用に購入した

先日の Amazonプライムデーで、Core-i5搭載のミニPCが 35,000円くらいで売っていたので、買ってみた。
サイズは Mac mini よりも小さく、デザインも悪くない。
定価は45,000くらいで、9,000円引き+クーポン1,000円適用で、1万円引きで買えた。

商品名は GMK ミニPC となっていたけれども、NUCBOX2 という商品名らしい。
CPUは Core-i5 8279U で、4コア8スレッド、メモリが8GB、256GBのSSDというスペックなので、かなりお買い得である。

GMKという会社のホームページは英語だったけれども、調べてみると、中国のようである。
こんなに激安なのだから、少しくらい怪しくても仕方がない。

きれいな箱に入っていたけれども、さっそく空けてみると、やはり、中華品質であることに納得した。
コネクタがズレていて、HDMI端子が刺さらない!

完成品を期待して買ったとしたら、これは紛れもなく「不良品」ということになるけれども、ベアボーンキットの完成版だと考えれて期待していなければ、それほど問題ではない。

さっそく中を開けてみると、やはりマザーボードのネジの付け方が、ズレている。

ネジを付け直して、マザーボードをきちんとはめたら、正常な状態になった。

起動してみると、Windows10 がプレインストールされていたので、いきなり使い始めることができた。

OSまで付いて、こんな激安で買えたのだから、お買い得だったと思う。

このPCは、FXトレーディングの練習用PCに使おうと思う。


4コア8スレッドなので、MT4を同時に起動しても、大丈夫だ。
ちなみに液晶CRTは別売りで、DELL S2421HSX-R という2万円くらいのモデル。
縦表示ができるので、トレーディング用に便利である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


My Company Links

合資会社ユースマネージメント
ドメインサービス
インターネット活用の入り口

My Website Links

細野俊一のトレーディング日記
日経225+JPX400銘柄の PPP(パンパカパン) 一覧
株価指数+外国為替(FX)の PPP(パンパカパン) 状態
「生命の科学」学習メモ
大安心と大冒険を求めて

Facebook Pages

ポイント&フィギュア活用研究会
合資会社ユースマネージメント
アダムスキー「生命の科学」活用研究会
細野俊一 (宇宙哲学研究家)