インクジェットプリンタがこわれた(2)

 EPSONのインクジェットプリンタがまたしても壊れた。
 昨日、私にとって3台目である PX-V700 が壊れて、もう2度とインクジェットプリンタは買わないと決めていたので、妻の実家から PMC-950C を運び込んで来た矢先、またしてもノズルが詰まってしまった。
 何ヶ月か使用していなかったものなので、ノズルチェック印刷をしてみたら、黒が若干かすれが出ていた。でも1色まるまる出ていない色があったので、説明書どおり、クリーニングをしてみることにした。
 そしたら、黒のかすれが減って、出ていなかった色も出るようになった。
 これではまだ満足できないので、もう1度クリーニングをしてみると、出ていなかった色は完全に出るようになったのに、こんどは黒が全く印字されなくなってしまったのである。
 昨日の PX-V700 と同じ状態である。今まで問題なく出ていた色が突然全く印刷されなくなってしまう。
 それからクリーニングを5~6回くらい続けてみたけれども黒は回復しない。7回目くらいになってくると、少しだけ印字されるようになった。
 もう10回くらいクリーニングを繰り返しているけど、良くなったり悪くなったりして全く進展しない。黒がどうしても印刷できない。
 PowerPointで1画面まるまる真っ黒な四角を描いて、それを印刷してみたけれども、線が何本か印刷されるだけである。
 これからインクが空っぽになるまでクリーニングを続けてみる。
 
 (1時間後)
 黒インクを取り出して振ってみたら、音がしなかった。EPSONプリンタウィンドウでは、黒インクはたくさん入っている表示になっていた。
 新しい黒インクに変えてみると、印字ができるようになった。
 まだノズルチェック印刷するとかすれが出ているが、印字はできるようになった。
 でもおかげで他の色も今日のクリーニングだけでほとんど空っぽになってしまった。
 インクを7色分揃えると、7000円以上もする。
 今日1日で、7000円近くの出費である。
 1万円ちょっとで新しいプリンタが買えるのに、インクが高すぎる。
 デジカメ写真は写真屋さんに出した方がきれいなので、インクジェットプリンタはなるべく安い機種で4色のものを選んだ方が良いと思う。
 私が次にインクジェットプリンタを買うとしたら、これだ。
cover
EPSON カラリオ・プリンタ PX-V500

「インクジェットプリンタがこわれた(2)」への1件の返信

  1. 確かに、7色インクはそれほど必要ないかもしれない。
    写真印刷については、印刷した写真の持ちも悪いようだ。デジカメプリントサービスはやったことがないので、インターネットでの発注は敬遠しがちになってしまった。
    自分の写真の保管には、パソコンにおとして保管するのが楽になってしまった。以前のたくさんの写真を整理するのに、アルバムもたくさんいるし、時間もかかる。(自分はだけど)
    最近、ほとんどの人がパソコンを持ってるので、CD-Rに焼いておくと言っておいた。
    写真はそうだけれど、年賀状はプリンターを使ってるのでカラープリンターは使います。
    たくさんやると大変だけれど、少量やる分には役に立っていました。(多少は作る楽しみが。)
    今度買うときには、そこそこの機種を買おうと思っています。PM950は高めだった。1万円くらいでインクジェット買えましたね。
    ちなみに会社のインクジェットプリンターはほとんど黒だけの数字のデータ印刷で、1年の間に目詰まり、インク交換の必要がしょっちゅう起こった。インクが駄目になって、何度か急いで買いに行ったこともあります。結局、壊れて急いでもう1台入れたがやはり故障した。レーザープリンターに切り替え、壊れたのは保障期間内だったので、無償で修理してもらった。
    インクジェットはたくさん使うには向いてないということだった。
     (長くなってすいません。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です