日経平均株価の週足チャートと移動平均線 約17年間分(2003年~2019年)

日経平均株価の約17年間分(2003年~2019年)の動きを
週足チャートと移動平均線で俯瞰して見てみると、
現在(2019年11月)は、ちょうど、
上昇トレンド継続か?、それとも三番天井を打つか?
の転換点になっていることが分かる。

今までは、このような長期の俯瞰チャートを
ポイント・アンド・フィギュア または ローソク足だけ で
見ていたけれども、これに移動平均線を加えてみると、
今まで見えなかったものが、よく見えてくる。

前回高値(24,000円台)に到達して、上抜けたとしても、
その直後に すぐに下げてしまうようならば、
移動平均線の順番が入れ替わらないので、
失速してしまうリスクがある。

25,000円を上抜くほど、大きく上昇するか、あるいは、
24,000台で もみ合いながらも高値圏を維持できれば、
上昇時の「移動平均線パターン」になってくる。

上昇する時や、下落する時は、いつでも、
「移動平均線パターン」は、必ず 同じ経過を辿る。

だから、移動平均線は、
物理の諸法則と同じくらい、重要な意味を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


My Company Links

合資会社ユースマネージメント
ドメインサービス
ユースマネージモール umall.jp

My Website Links

細野俊一のトレーディング日記
大安心と大冒険を求めて
「生命の科学」学習メモ
細野俊一の雑記ブログ
インターネット活用の入り口

Facebook Pages

ポイント&フィギュア活用研究会
合資会社ユースマネージメント
ユースマネージモール
アダムスキー「生命の科学」活用研究会
細野俊一 (宇宙哲学研究家)