チャートギャラリー(パンローリング社製)の株価更新を自動化する方法

パンローリング社の「チャートギャラリー」というチャートソフトは、
チャート機能よりも、大量の株価情報を管理するデータベースとして利用価値がある。

その機能「Pan Active Market Database」は、32ビット環境しか動作しない等、
やや陳腐化しているものの、約30年分のデータを外部プログラム、EXCEL、ACCESS等から自由自在に扱えて、しかも毎日、最新データを簡単に更新できるので、必需品である。

株価の更新は、毎晩7時頃に、[Panメニュー] から [Panデータ管理]ボタンを押して、
[データ管理] – [取り込み] – [Pan Rolling] という順番でメニュー選択が必要なので、意外と面倒くさい。

最初のうちはこれをいちいち、手でやっていた。
でも、トレード分析ツールを自作し始めてからは、だんだん面倒になってきた。

この作業を毎晩7時に、自動的に実行して最新データを更新してくれると便利だなぁ、と私なら当然考える。

チャート機能を使うだけの人は、手動更新でも十分かもしれないけれども、
Pan Active Market Database」の株価データを二次加工して使用する場合は、
自動更新できるようにシステム化しておかないと、更新を忘れることも出てくる。

さて私は、ボタン押しを自動化するのに便利なツールとして、
uwsc というWindows操作の自動化ツール を使っている。

インストールの必要はなく、zipファイルを展開するだけですぐに使用できる。
展開したフォルダ内に1つ、拡張子 .uws のテキストファイルを1つ作成し、
そこにスクリプトを描き込むだけで、Windows操作が自動化できる。

 

// Pan強制終了 ※念のため
EXEC("taskkill /IM pandtmgr.exe")

// 5秒待つ
SLEEP(5)

// Pan起動
// PanID = EXEC("C:\Program Files (x86)\Pan\pandtmgr.exe")
PanID = EXEC("C:\Program Files\Pan\pandtmgr.exe")

// Pan操作
CLKITEM(PanID, "Pan取り込み", CLK_ACC)

// 更新が終了するまで監視
REPEAT
SLEEP(5)
PanID2 = GetID("データ更新")
CLKITEM(PanID2, "閉じる", CLK_ACC)
UNTIL GetID("データ更新") = -1

// Pan終了
PanID3 = GetID("Panデータ管理")
KBD(VK_ALT, DOWN)
KBD(VK_F4 , CLICK)
KBD(VK_ALT, UP)

 

そして、Windows標準のタスクスケジューラー機能を使って定時起動させれば、
この株価自動更新は、実現化する。

ちなみに私は、「チャートギャラリー」のプロ版を使用していて、日本株、日経先物、米国株を使用している。

米国株は毎日15時頃に前日分が更新され、日本株は毎日19時頃に当日分が更新される。
ごくまれに、更新時間が30分以上遅れる日もあるのを考慮して、
毎日、15時から20時までを、1時間毎に自動更新するように設定している。

 

土曜日に更新するのは、前日の米国株データを反映させるため、である。

株価データの更新後に、ウィンドウが閉じずに残ってしまう場合があるので、
定時起動スクリプトの最初に、強制終了を入れている。

ともかくこんな方法で、どうにか自動更新は、実現できている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


My Company Links

合資会社ユースマネージメント
ドメインサービス
インターネット活用の入り口

My Website Links

細野俊一のトレーディング日記
日経225+JPX400銘柄の PPP(パンパカパン) 一覧
株価指数+外国為替(FX)の PPP(パンパカパン) 状態
「生命の科学」学習メモ
大安心と大冒険を求めて

Facebook Pages

ポイント&フィギュア活用研究会
合資会社ユースマネージメント
アダムスキー「生命の科学」活用研究会
細野俊一 (宇宙哲学研究家)