2021年の災難対策

船井幸雄氏の「エヴァへの道」という本を読んでいたら、
その中に気になるフレーズを見つけた。
高木善之さんという方の特別講演(1981年)のエピソードの場面である。
そこで彼に、
「あなたの未来の記憶は正しいような気がする。
だからあなたが見てきた未来の記憶で、特に大事なものだけを三つ教えてほしい」と聞きましたら、
一つ目は、彼が事故にあった十年後にソ連が解体することを見た。
二つ目は、二十年後にアメリカ合衆国が滅ぶことを見た。
これは二〇〇〇年か二〇〇一年頃になります。
三つ目は、四十年後に人類が滅びるのを見た。
と、こう言うのです。私は「あれっ」と思いました。
(船井幸雄.エヴァへの道 地に足をつけ、ゆったりと、21世紀に向かおう(Kindleの位置No.1777-1781).株式会社PHP研究所.Kindle版.)
1981年を基準にすると、
・10年後の1991年に、ソ連は解体していた。
・20年後の2001年に、アメリカ合衆国は滅んでいないが
 同時多発テロの発生をきっかけにデジタル監視社会が加速し、
 アメリカ的な自由主義・民主主義が滅んだのかもしれない。
・30年後の2011年は、ここでは言及されていないけれども
 東日本大震災による原発災害があった。
・40年後の2021年に、人類は滅ばないにしても、
 「コロナ禍&ワクチン禍 」 の発生をきっかけに
 何らかの大きな変化が起こされようとしているのかもしれない。
過去の歴史のパターンからすれば、 xxx1年 という単位で
何かが起きている or 起こされている ことになり、
今回だけ違うと考えるのも無理がある。
改革、革命、新時代、そして「グレートリセット」等の
きれいごとの標語が叫ばれる時には必ず「粛正」が伴う。
そんな土石流の流れに呑まれないようにするためには、
上流と下流の位置関係、つまり、
権力者側 と 一般大衆側 の、双方の考え方を知り、
いざという時に「避難できるようにしておくこと」 である。
それが唯一の、未知の現象への対応策だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


My Company Links

合資会社ユースマネージメント
ドメインサービス
インターネット活用の入り口

My Website Links

細野俊一のトレーディング日記
日経225+JPX400銘柄の PPP(パンパカパン) 一覧
株価指数+外国為替(FX)の PPP(パンパカパン) 状態
「生命の科学」学習メモ
大安心と大冒険を求めて

Facebook Pages

ポイント&フィギュア活用研究会
合資会社ユースマネージメント
アダムスキー「生命の科学」活用研究会
細野俊一 (宇宙哲学研究家)