フォートラン プログラム用紙

家の中を整理していたら、
こんなものが発掘された。
「フォートラン プログラム用紙」

私は、これを使ったことはないけど、
その昔、コンピューターのプログラムは、
このような用紙に手書きで記入してから
入力専任者が入力する、というものだったらしい。

なぜそんな無駄なことを?? と思ったら、
昔は、今のようなエディタ等がないので、
入力した文字を都度訂正することができないので、
事前に完璧に清書しておく必要があったから? なのだろうか。

ワープロでさえも、最初の頃は、
事前に手書きで清書したものを入力する機械
として使われていたそうだ。

今はさすがにそんなことをしなくなったかもしれないけど、
事前に「人間が仕上げた 結果 」を入力して処理させる、
という発想は、あまり変わっていないのかもしれない。

便利になることと、効率的になることは、必ずしも一致しないのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


My Company Links

合資会社ユースマネージメント
ドメインサービス
ユースマネージモール umall.jp

My Website Links

細野俊一のトレーディング日記
大安心と大冒険を求めて
「生命の科学」学習メモ
細野俊一の雑記ブログ
インターネット活用の入り口

Facebook Pages

ポイント&フィギュア活用研究会
合資会社ユースマネージメント
ユースマネージモール
アダムスキー「生命の科学」活用研究会
細野俊一 (宇宙哲学研究家)