ウィルスバスター2005の手動強制アンインストール

 ウィルスバスター2005をインストール中にSTOPエラーが出て画面がブルースクリーンで固まってしまった。「BAD_POOL_CALLER」と書かれていたけど、今の段階では障害追及するつもりはない。
 とりあえずPCをリセットしてみると、一応はインストールされているようだが自動起動はしない。手動起動をするとエラーになる。
 アンインストールプログラムを起動すると、「この操作は現在インストールされている製品に対してのみ有効です」と表示される。プログラムの追加と削除の一覧にも出てこない。
 ところがインストールを行なうと、何度やっても、最後の最後に、進行バーが逆に進んで「アクションを元に戻します」と表示されて、中断されてしまうのである。
 こういう事象は、トレンドマイクロ社のサポートページにも書かれていない。
 こうなると通常の方法で解決するのは難しい。一旦、トレンドマイクロ関連のファイルや設定を一掃して、それから再インストールするしかない。
 強制アンインストールソフトというのもあるけど、これは2004までしか対応していない。
 一つずつ調べていったところ、「サービス」の一覧にトレンドマイクロ関連のものが2つ存在していて、それが起動していることに気が付いた。
 当然起動はしていないけど、これが存在するだけで気持ちが悪いので、これを削除することにする。
 レジストラエディター(regedit)を起動して、次の4つのキーを選択して削除する。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Services\PcCtlCom
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Services\TmPfw
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\Services\PcCtlCom
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\Services\TmPfw
 この状態でインストールしたら、再インストールが無事に出来た。
PS.
ウィルスバスターは、ソフトウェア ダウンロード ショップ で安く手に入ります。
 (例)
 ウイルスバスター更新パック ダウンロード版     ¥3,675(税込)
 ウイルスバスター2005 2ユーザ ダウンロード版   ¥7,665(税込)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です