Windows&IIS環境にPHPをインストール

 XOOPS と OsCommerce の動作を自サーバーで実験してみるために、PHPをインストールした。
 Windows&IIS環境でPHPをインストールするのは初めてだ。
<経過>
 手がかりとしてまず最初に、サーチエンジンで「PHP」のキーワードで検索した。
 PHPに関するホームページがたくさんリストアップされるので、とりあえずは「日本PHPユーザ会」というホームページを開いてみた。
 最新バージョンは PHP 5.0.0 らしいけれども、安定性を考えて、PHP 4.3.8 を使うことに決める。 4.3.7 以下は、セキュルティホールがあるらしい。
 そして、ダウンロードのページに行った。
 今回は Windowsサーバーなので、「PHP 4.3.8」の「Windows Binaries」のところから選ぶと見当をつけたが、「PHP 4.3.8 zip package [6,874Kb]」と「PHP 4.3.8 installer [1,048Kb] 」の2つのファイルがあるが、どちらにすればよいのか迷った。
 大は小を兼ねると思って、「PHP 4.3.8 zip package [6,874Kb]」をクリッ
クして、ダウンロードサイトを選択し、ダウンロードを行なった。
 ダウンロードしたファイル「php-4.3.8-Win32.zip」を c:\temp フォルダに展開させた。
 インストール方法が全く分からないので、日本PHPユーザ会のページを再び開き、マニュアルの日本語訳を読むことにした。
 第3章インストールの「Windowsシステムへのインストール」のページを読む。
 これを読んで、次のことをやった。
(1)c:\temp フォルダ内に展開したフォルダを C:\php フォルダにリネームして移動。
(2)php.ini-recommended ファイルを php.ini にリネームして、 C:\winnt フォルダにコピー。
(3)php4ts.dll ファイルを C:\winnt\system32 フォルダにコピー。
(4)sapiフォルダ内の pws-php4isapi.reg ファイルをダブルクリック。
(5)IISのサービスマネージャーを開いて「既定のWebサイト」のプロパティを開き、「ホームディレクトリ」タブの「構成」ボタンをクリック。
(6)「マッピング」タブで「追加」ボタンをクリックし、実行ファイルに「C:\php\sapi\php4isapi.dll」を、拡張子に「.php」を入力。
(7)「ドキュメント」タブで既定のドキュメントに「index.php」を追加。
 とりあえずこれで、PHPが動くようになった。

「Windows&IIS環境にPHPをインストール」への1件の返信

  1. やっぱりというか、当たり前というかの「MADE IN CHINA」の表示に、少し不安を覚える。  今のところ特に困ることがないので、気に入らないカラー印刷で我慢していますが!!                       コントロールパネルの「色の管理」                             NVIDIAのカラー設定。windows 8.1 ダウンロード版
    行きが既に晩で日は落ちてたんで、真っ暗で何も見えなかったんですけど、、帰りには昼間に帰って来たんで沿線の風景を懐かしく見ながらでした。 シンプルかつ高速、整然としたインターフェースを目指せばいいのに。windows 8.1
    これまで使っていたパソコンはやたらキーボードにクリックパッドのデコボコが目立ち年代を感じさせます。 3時間弱でお開き、帰りは、若ママ新人は、又誘って下さいと嬉しい言葉も頂いて、こんな子が、勝ち組になるのでしょうね。windows 8.1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です