異星人から学べること

 向上心のある人は、自分よりも進歩した人から学びたいと考える。
 賢い人は、会う人すべてから学ぶことができるという。
 では異星人からは、何を学ぶことができるだろうか?
 異星人なんか存在しないと考える人は、何も学ぶことができないけど、異星人がもたらしてくれる知識はただものではないと考える人は、多くのことを学ぶことができるだろう。
 日本人は歴史的に、遣隋使、遣唐使、そして明治維新等で外国の思想や文明などを学んで取り入れてきたので、将来、異星人と交流するようになった時にもまた、新しい文明を学びに行くことになるだろう。
 異星人って一体どういう人なのだろうか?
 ETみたいな形をしている気持ち悪い人もいれば、私たちと同じような姿かたちの人間もいるらしいけれども、私は会ったことがないので本当のところは良く分からない。でも、
 いずれにしても、もしそういう人たちが地球にやってきているのだとすれば、私たちよりも優れた科学技術を持っていることになるので、学べることは尽きないほどあると思う。
 本当は会って教えを請えれば理想だけど、現時点ではそれは難しそうなので、せめて書物の形にまとまっていると嬉しい。
 そういうわけで私は以前、進歩した異星人の知恵やノウハウがたっぷり詰まった書物を捜し求めたことがある。そしてとうとう見つけたのが、ジョージ・アダムスキー氏が書いた書物である。
 金星から来た人間とコンタクトしたり、土星に行ったりした話がNASAの発表と異なるという理由で、アダムスキーの話はインチキということで名前もほとんど忘れ去られてしまった。
 しかし日本では、故 久保田八郎氏を中心に啓蒙活動がくりひろげられていたので、今でも新アダムスキー全集(11巻+別館)として、書物が出版されているので、いつでも購入して読むことができる。
  ----------------------------------
   第1巻「第2惑星からの地球訪問者」
   第2巻「超能力開発法」(原題:Telepathy-the universal language)
   第3巻「21世紀/生命の科学」
   第4巻「UFO問答100」
   第5巻「金星・土星探訪記」
   第6巻「UFOの謎」
   第7巻「21世紀の宇宙哲学」
   第8巻「UFO・人間・宇宙」
   第9巻「UFOの真相」
   第10巻「超人ジョージ・アダムスキー」
   第11巻「肉体を超えて宇宙と一体化する方法」
   別巻 「UFO-宇宙からの完全な証拠」
   ジョージ・アダムスキー 著/久保田八郎 訳
   全面改訂・改訳/全11巻+別巻/各四六判
   中央アート出版社
   詳細は、 http://www.adamski.jp/adamski/ で紹介中。
  ----------------------------------
 この中の、「第2巻」「第3巻」「第7巻」は、宇宙哲学3部作と言われていて、進歩した文明を持つ異星人の考え方や知識が書かれている。
 幸せな生き方を目指す人にとっては、大いに啓発される内容である。
 ということは、ビジネスにも当然、役に立つ。いや、役に立ててほしいと思う。
 先見の目を持つ経営者ならば、ここから多くのインスピレーションを得られるにちがいない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です