Y!mobileは取り止めて、楽天モバイルの「スーパーホーダイ」へ、のりかえた。

先週、2台のスマホのうち、1台を MINEO にのりかえて、これは成功だった。
けど もう1台の ワイモバイルへの のりかえは、失敗した。

MNPを複数かけていたのが悪かったのかどうか分からないが、
ワイモバイルから、審査結果がきて、
「ご契約を見合わせて頂くことになりました。」

そこで急遽、別のサービスをさがしてみたところ、
「楽天ダイヤモンド会員向け特典」というのが目に止まって、
楽天モバイル(R-Mobile)の「スーパーホーダイ」が
かなり良さそうなので、それに決めた。

これは、一番安いプランで、
規定の通信容量2Gを超えた場合に、
スピードが1Mbps (混雑時は 300kbps)までしか落ちない
というもので、私の場合は、これで十分だった。

スピードが 128kbps とか 200kbps まで落ちてしまうと
明らかに、使い勝手が 大幅に落ちるけど、
300kbps だと、かなり違うことが分かっている。
(以前使っていた POINTY が 300kbpsだった)

格安SIM は、安いけど遅い のを覚悟して使うものなので、
規定の通信容量を使い切った後の速度を
とっても重要視した方がよいと思う。

アプリ更新、ダウンロード等 を「手動」にして
動画閲覧等も 必ず Wifi環境で行うようにすれば、
通信容量は それほど消費しないと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です