MINEO と Y!mobile へ、のりかえた。

今月は、格安SIMへの変更を2台分やった。

au解約済の iPhone6S と
au契約中の iPhoneX である。

iPhone6Sの方は、SIMロック解除をしていなくて、
auを解約してから100日を超えると、
もう SIMロック解除は できないとのこと。

auのSIMロック状態のまま使えるのは
「MINEO」(VoLTE非対応版)だけらしいので、
それしか選択肢がなかった。

さて、iPhoneX の方は、
昨年、4年縛りで機種変更してしまったので、
2年目には絶対に解約しようと決めていたが、

1年経つと、各種キャンペーンの割引が終了して
月額料金が高くなることに気づいたので、
1年経たないのに、すぐに解約することにした。

残金は残り3年で払い続けるけど、
違約金とかを考慮しても、
前倒しで解約した方が、結局安くなる。

iPhoneXは My au のWEB画面から
SIMロック解除ができたので、
のりかえ先は、ワイモバイルにした。

ワイモバイルのオンラインショップで、
「Android One S1」が 100円のタイムセールで付いていて、
家族割りで 500円引きで、
「Yahooプレミアム」(月額約500円相当)が含まれていて、
ソフトバンクの WiFi スポットも使えて、
回線の品質も良さそうなので、これにした。

使えるエリアは auに比べれば狭くなるかもしれないけど、
どうせ docomoも一緒に持ち歩いているので、
あまり気にしなくてもいいだろう。

格安SIMに買えても、1年縛りとか2年縛りとか、
期間限定の割引(333キャンペーン、ワンキュッパ割 等)
が付いてきたので、またその頃に再検討しようと思う。

3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)と
MVNO(格安SIM提供会社)のどちらを選ぶか?について、
私の基準は、

・新発売のiPhoneに機種変更する時は 3大キャリア が有利
・手持ちの機器を使用する場合は、格安SIM が有利

だったけど、
その垣根がなくなりつつある。

やがては、個人ユーザーは全てMVNOを使うようになって、
3大キャリアは 法人向け(卸売)または セレブ向けの
上級ブランドに格上げされるのでは? と予測したい。

現時点では、高額なスマホ代を払い続けるのは、もったいないと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です