NINTENDO LABO のリモコンカーを 3Dプリンターで作成してみた

NINTENDO LABO は、ダンボールだから壊れやすいと思っていたが、やっぱり壊れた。
そこで、3Dプリンターで、これと同じものを作れないだろうか? と考えた。

3Dデータのダウンロードサイト「Thingiverse」で、「NINTENDO LABO」と検索すると、いくつかヒットした。
https://www.thingiverse.com/

さっそく、リモコンカーを 3Dプリンターで作成してみた。

形はたしかにそれらしいものが出来上がるけれども、ジョイコンを挿入するレールの部分が、微妙にサイズずれしているので、まっすぐに挿入できなかった。

これは私の3Dプリンターの調整が不十分だったから、かもしれないけど、
数時間かけて再プリントするのは、もったいない。

3Dプリントの動作が記述されている、GCODEファイルの仕様を理解すれば、
特定の部位のところだけ、造形の密度、印字速度、重なり 等のパラメータを変えて、
より精密に印刷することが可能だと思う。

GCODEファイルの実体は、プレーン・テキストファイルで、
座標軸データのほか、プリントの指示が記述されている。

一応、ドキュメントはあるが、
https://reprap.org/wiki/G-code

3Dプリンターが一般に普及していないので、
これを分かりやすく記述した解説書などは、まだない。

今回作ったリモコンカーは、飾っておくだけのものになったけど、
3Dプリントのノウハウをもっと身に付けて、
これを正しく造形できるようにしたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です