「筆王」を18年ぶりにバージョンアップした

年賀状印刷ソフト「筆王」を18年ぶりにバージョンアップした。
この種のソフトは、毎年毎年バージョンアップ版が発売されるけど、
年に一度、表面の印刷にしか使っていないので、バージョンアップをしなかった。
今使っているのが「筆王 ver2.0」。
初代バージョンは、郵便番号が5桁で、ver2.0の時にちょうど7桁化に対応した頃だったと思う。
それからずっと毎年使い続けてきたので、十分に元をとったと思う。
それが、なぜ今、突然、バージョンアップする気になったかといえば、
ソースネクストからのメールニュースで、
筆王が ver20 になり、特別価格 ¥2,280(税抜) だったのと、
12/31まで使える 1,000円引きのクーポンを使いたかったからだ。
「筆王 ver2.0」を使うのに、わざわざ過去に仮想マシン化した WindowsXPマシンを
VMware Player で起動するも、そろそろ面倒になってきたので、
もういいかげん新しいものを使おう! とようやく思うようになった。
買うのはもちろん、ダウンロード版だ。
ダウンロード版ならば、すぐに入手できて、すぐに使い始められるし、
パッケージやDVD-ROMのごみも増えることがない。
「筆王」の場合、ダウンロード版はパッケージ版に比べると、
機能制限があって、絵の素材ファイル等が少なくなっている
とのことだが、インターネットから同じものがダウンロードできる
というのだから、特に問題はない。
以前だったら、DVDに入っているような大量のデータをダウンロードするには
ものすごい時間をかけてダウンロードすることを覚悟しなければならなかったが、
インターネットを So-netの NURO光 にしてからは、ダウンロードを苦にしなくなった。
後で、素材もまとめて、一気にダウンロードして、
今日中に、年賀状を印刷しようと思う。