Windows7 の Internet Explore 11 をクリーン再インストール

Windows7 のパソコンでOSをクリーンインストールしたら、
Windows Updateが、数回に分けて100個以上、更新された。
でもどこかで一度失敗していたらしく、
Internet Explore 8 が起動してしまうし、
Windows Update での「Internet Explore 11」だけが
必ず毎回失敗してしまうので、何か おかしかった。
Internet Explore 11 を再インストール方法は、
コントロールパネルの「プログラムと機能」でアンインストールする、
というのが正攻法らしいが、一覧には出てこないので、それはできない。
それなのに、「Windows機能の有効化または無効化」には
「Internet Explore 11」がきちんと表示されている。
このような矛盾した状態になっている時は、
正攻法では解決しないので、イレギュラーな方法を使わざるを得ない。
で、いろいろ調べたら、
↓↓↓ こちらのページで、強制アンインストール法を見つけた ↓↓↓
<[備忘録] InternetExplorer11のアンインストール方法>
http://apple-lovesong.blogspot.jp/2014/02/internetexplorer11.html
ここに書かれているように、
コマンドプロンプトで、
FORFILES /P %WINDIR%\servicing\Packages /M Microsoft-Windows-InternetExplorer-*11.*.mum /c “cmd /c echo Uninstalling package @fname && start /w pkgmgr /up:@fname /norestart”
をそのまま入力したら、見事にアンインストールされた。
再起動して、コントロールパネルの「Windows機能の有効化または無効化」を見ると、
「Internet Explore 8」と表示されていたので、成功だ。
そのまま普通に、Windows Update で更新したら、こんどは成功した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です