真夏の第9交響曲

 今日は、第9交響曲を聴きに行って来た。場所は、ミューザ川崎という、最近できたホールであるが、なかなか良かった。演奏は、小林研一郎指揮/日本フィルである。今まで聴いた生演奏の第9の中では、一番良かった。テンションが高く、明らかに音が生きていたからである。演奏中の”間”が効果的だった。ホールの音響もすばらしく、期待どおりだった。
 真夏の第9ということで、シーズンオフだったので、空席がかなりあったけど、S席が4000円という超破格だったので、とても得した気分である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です