豪ドルを買った

 今日は、外国為替保証金取引に初チャレンジした。豪ドルである。
 5万円の証拠金で、1万ドルを買ったことになるので、レバレッジは20倍である。
 AUS $83.38 買い、IFDOCO注文で、84.60 指値売り、82.70損切りとしておいた。
 これと併せて、「豪ドル AUS $83 のプット」のe-ワラントを1000単位買った。1万円ちょっとの保険代である。
 もし82.70以下で損切りしたとしても、このプットオプションが損失を僅かでも軽減してくれればよい。
 これでよかったのだろうか?
 1分足、60分足、そして日足のチャートで、一目均衡表の雲越えの位置にあったので、タイミングは悪くなかったと思う。
 利食いの期待利益が損切りの最大損失よりも2倍以上になるタイミングを図って、売買をスタートすればよかったが、少しずれてしまった。
 今の時間では、豪ドルは少しずつ上がっているが、買いポジションなので何日か持ち越してもよいと思っている。
 外国為替は、日経平均株価よりもさらに奇麗なチャートを描くので、こちらの方が好きになるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


My Company Links

合資会社ユースマネージメント
ドメインサービス
インターネット活用の入り口

My Website Links

細野俊一のトレーディング日記
日経225+JPX400銘柄の PPP(パンパカパン) 一覧
「生命の科学」学習メモ
大安心と大冒険を求めて

Facebook Pages

ポイント&フィギュア活用研究会
合資会社ユースマネージメント
アダムスキー「生命の科学」活用研究会
細野俊一 (宇宙哲学研究家)