raq550 の仮想サイトのホスト名を変更したら、ウェブサーバの別名(ServerAlias)が無効になった

 Cobaltサーバーは、仮想サイトのホスト名やドメイン名を変更すると何らかの不具合が発生するリスクがあるので、できれば避けた方がよい。Raq3 の時にはメール設定がおかしくなった時もあった(パッチ対応済み)。
 raq550の場合は、ホスト名を変更したら、ウェブサーバの別名(ServerAlias)の設定が無効になってしまった。

 ホスト名     : www
 ドメイン名を   : usemanage.net
 ウェブサーバの別名: usemanage.net

というふうに設定しておくと、
http://www.usemanage.net/
http://usemanage.net/
のどちらのURLでも使えるはずなのだが、ホスト名を変更すると、ウェブサーバの別名で指定した後者のURLが使えなくなってしまい、同じIPアドレスを使っている別の仮想サイトのURLにすりかわって表示されてしまう。
/etc/httpd/conf/vhosts/ 内の設定ファイルを見ると、ServerAlias の1行が消えていることが分かる。
 この場合の対処法は、ウェブサーバの別名の欄を一旦クリアしてから[保存]し、再び入力して[保存]するという手順でOKである。
 Cobaltサーバーの場合、設定内容を一旦データベースに保存して、そこから各種設定ファイルに書き出しているので、何らかの変更を加えてわざわざ上書きされるようにすればたいていは解決できるようになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です