SpamCop のウェブメール

 SpamCop のメールアカウントを申し込むと、ウェブメールシステムも使えるようになる。
 メニュー等に表示される言語を選ぶことができ、日本語で表示することも可能である。
 
 が、受信メールを見ると、日本語は化けてしまっていて、表示することができない。
 メッセージを個別に表示して、「メールソース」を選んで別ウィンドウで表示すれば、日本語はエンコードされるけれども、基本画面の中にエンコード機能がないようなので、これは使えない。
 もちろん普段は通常のメールソフト(Eudora)で受信することが多いけど、外出先等ではウェブメールを使うことになる。
 今までは So-net のウェブメールを使っていたけれども、今度は別なウェブメールシステムを使うしかない。
 ちなみに携帯電話からは、リモートメール を使っているので、アカウントを追加するだけで使える。
 ウェブメールシステムは以前、自宅サーバーで、BASP21を使って自作したことがあるけれども、大量メール用に最適化していないので、使えない。
 Personi Office というフリーのグループウェアを以前使ったことがあって、これのウェブメールシステムは良くできていたけれども、中国の方から来るある種のメールを受信すると途中で画面表示がおかしくなって、設定も壊れてしまうという難点があったので、これも使えない。
 そこで今日はあらためて、いくつか探してみた。
 Vectorで探してみたら、「ウェブメーラー(Windowsサーバー向け)0.954」というフリーウェアのがまっさきに見つかったので、それをインストールしてみた。
 これで問題なく使えるけど、 SpamCop のメールアカウントのユーザー名は、@マークを含んでいるので、1箇所だけ修正が必要だった。
 「pop3.pl」ファイルの中の32行目をコメントアウトにしたら、うまく動作した。
 これでやっと、SpamCop をメインのメールアカウントとして使うことができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です