任天堂3DSのLボタンが押されっぱなしで元に戻らない、を修理

任天堂3DSの裏側にあるLボタンのバネが効かなくなって、
一度押すと押されっぱなしになるので、修理が必要になった。
Googleで検索すると、同じ症状の人が多くて、
修理手順の映像もいくつか見つかったので、
自己責任で、ダメもとで分解修理してみた。
分解してみて、正常なRボタンと見比べてみたら、
原因は一目瞭然で、
ボタンの裏側のプラスチックが、少し外側に変形していたために
本体カバーとの間の隙間がなくなっていたことが分かった。
さっそくラジオペンチで、その変形した部分を内側に曲げたら、
Lボタンが復活した。
何が原因で変形したのか? は不明だが、治って良かった。
 
3DSrepair.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です