携帯電話を買い換えた

 最近、証券会社のモバイル用ページ等、i-modeを多用したせいで、パケット料金がかさんでいる。1万パケットを超えてくると、ドコモのMOVAだと、3000円を超えてくる。グラフィックごてごての、PC用のホームページを開けば、パケット代がさらにかさむ。
 やっぱりこれからはコスト面を考えるとFOMAをメインにしなければならないと思って、FOMAの携帯電話を買い増すことにした。デュアルネットワークサービスはそのまま残して、今までのMOVAは電池切れのための代替用として持ち歩けばよい。
 ドコモの場合、最近発売される機種で特に買いたくなるような魅力的なものはなかったけど、今までDシリーズを使っていたことが多かったので、D901iSを買うことにした。
 使ってから思い出したのだが、Dシリーズは私にとって非常に使い勝手が悪かったことだった。使っていれば馴れてくるので不満があったことをつい忘れていた。
 Dシリーズは今まで、D101、D501i、D503iと3機種使ったことがあったが、一番困ったことは、着信履歴の一覧を見ていてi-modeカーソルの真ん中のボタンを押すと、いきなり電話が掛かってしまうことである。電話は発信ボタンを押して掛けるものだと思い込んでいたので、時々間違えて掛かってしまうことがあった。
 今回のD901iSで、さらに困ってしまったのは、「テレビ」というボタンを押してみたら、電話がいきなりかかってしまったことである。
 間違った操作をした本人が悪いのだが、この操作性はあまり好きにはなれない。少なくとも、今まで使っていたP505isに比べると操作性が非常に悪いと感じる。
 それでもパケット代のことを考えると、FOMAをメインで使わざるを得ないので、辛いところである。やっぱり10ヶ月待たなければならないか。
 いっそのこと、他のメーカーに変えてしまってもよいのだけれども、それができないのはやはり、長期割引があるからである。
 今度、ドコモでは5年以上の長期割引も始めるそうなので、このまま使い続けようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です